プロフィール

あず/asbntby

Author:あず/asbntby
ネットゲーム「人狼」プレイヤー(最近は頻度低下中)。
人狼クローン「人狼物語」開発中。
あず開発室
自己紹介(?)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

あずぶろぐ
とりあえずだらだらと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須賀しのぶ作「天気晴朗なれど波高し。」
以前某sioさんの日記で少女小説の話が出ていたので、「お薦めの少女小説って何かありますか?」と書いたのです。そうしたら快く(?)何冊か教えてもらった上に、感想まで期待されてしまいました。

……感想書くとか想定外(死)。
というか感想書くの苦手やねん。

まあしょうがないので薦めてもらったうちから須賀しのぶさんの「天気晴朗なれど波高し。」を。
# 実は一ヶ月近く前に買ってあったのに全然読んでなかった(おい)。


「天気晴朗なれど波高し。」
須賀しのぶ作 集英社コバルト文庫

「流血女神伝」というシリーズ作品の外伝的作品らしいです。そもそも本作以外に須賀しのぶさんの作品を読んだ事がないので「らしい」としか言えません。ただまあ結構数が出てるようなので人気作品なのでしょう。

前半は素直に面白かったです。なんと言ってもキャラクターが良いですよ、これ。主人公のランゾット・ギアスが普通に面白い奴ですし、相棒役(?)のトルヴァン・コーアもランゾットとはやや方向性が違うもののこれまた面白い。この二人が主人公コンビというだけで面白さの半分ぐらいは約束されていたのかもしれません。

ただ後半の展開がちょっと微妙。推理小説のような展開に変わってからの流れがどうも……。
途中何度かランゾットやコーアが推理を披露します。が、彼らがどうやってその推理へ行き着いたのかという、「過程」の描写がすっかーんと抜け落ちていますよね。なので、彼らの思考(及び感情)の流れが不自然に感じてしょうがないんですよ。

多分どんでん返しを書くためにこうしたのだと思うのですが、もう少し理由付けをシンプルにした方が良かったんじゃないでしょうかね。もし理由付けがシンプルに出来なかったなら、思い切ってどんでん返し自体を捨ててしまっても良かったのでは。まさか本気で推理小説を書こうとしたわけじゃないでしょうし(もしそうなら「コーアの勘」はまずい)、どんでん返しを握りしめる必要はなかったと思います。
実際はそこまで目くじら立てるほどの話ではないんですが、前半のテンポがなまじ良かったのでここのよどみが余計に目立つんですよ。なんというか勿体ない。

でも少々の欠点なんて十分に覆い隠せる面白さがこの作品にはありますね。やはりキャラクターの良さ、会話のテンポの良さが大きいんでしょう。
あと、コメディ小説である以上さくさく読めないと話になりませんが、この作品は非常に読みやすい。だからすいすい読めてけらけら笑えるわけですね。

この作品が読みやすいのは、単に難しい表現や言葉を余り使っていないからだけではないですね。大半をランゾット視点で描いているために視点切り替えが余り起こらないし、話の多くが叛乱事件一つに集中しています。なので同時進行する事柄がほとんどないんです。
たいていの人は並列処理が苦手なので、視点がくるくる変わったり複数の事件が並行したりすると読んで理解するのに時間がかかってしまいます。本作にはそういう事がありません。

また、キャラクター達のそれぞれにはっきりした特徴が付いているのも読みやすさの一因でしょう。特徴のおかげでキャラクターの把握が楽になるからです。
一般に人間は名前よりも特徴の方が覚えやすいようです。たとえば人狼BBSだと「ヴァルター」という名前よりも「村長」という肩書きの方が覚えやすいですよね。機動戦士ガンダムのシャア・アズナブルなどもそうです。彼の名前を知らない人でも「赤い彗星」の二つ名は案外知っていたりするものなんです(例:私の親)。

つまりこの作品、ちゃんと押さえるべき所は押さえているという事で。気軽に楽しく読む本として、素直にお薦めできますよ。

まあうだうだ書いてますが要するに面白かったというわけです。以上(笑)。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

面白かったようで何よりですw

本シリーズの方では、二人は元は同じ海軍で親友だったけれど、
過去の複雑な事情で袂を分かち、ランゾットは提督、コーアは海賊王になり、
互いに 「あいつの相手ができるのは俺だけだ」 と思っている…という状態ですw

この外伝では、そちらでかけなかった二人の過去話をおもいっきり書いているという感じですね。
(二人共、脇役なので)

ご指摘の 「推理部分」 ですが、須賀さんがかっ飛ばしたのか、編集さんの方で削除要求したのかは不明。
よく、あとがき等で、「~のエピソードがあったんだけど」 という話もでてきます。
母体が少女小説系で、しかも集英社なので、長すぎる話は読者が飽きるというからという理由で
ざっくざっくと闇に葬られた話多数 (苦笑

須賀さんレベルだと、もっと大人向けのレーベルの方が伸び伸び書いてもらえそうだと思うのですが、
まぁ、その辺りは仕方ないですにゃ…

律儀に感想お疲れ様でした♪
【2006/05/08 12:15】 URL | しお #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://asbntby.blog56.fc2.com/tb.php/4-8e01f800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。